相撲の股割りをヒントに開発。フレックスクッション
ストレッチ&骨盤調整 ピラティス ヨガ 2人組ストレッチ フレックスバレル ピラティス フレックスバレル アスリート向け 四股の踏み方

四股の踏み方四股の踏み方四股の踏み方

四股と相撲エクササイズの基本姿勢
【コンセプト】

・四股を踏む前後に、ウォームUPとして股関節周辺のストレッチをやりましょう!(このページの下のお薦めストレッチ参照)
・定期的に四股を踏みましょう!(例)1日10~20回

A B C (参考)
間違えたポーズ
・ガニ股。45~50度開く。
・かかととかかとの間を少し空ける
・体重は親指の付け根~母指球に
「腰割り」の姿勢。すなわち「腰が入った」(=骨盤と脊柱が真っ直ぐor少し骨盤前傾な)状態。膝とつま先は同じ方向。上体&肩の力を抜き、手を膝の上に軽く置く。脇は締めて。ヒジから少し外側へ。 【横から見て】
・骨盤と脊柱が一直線上に。
・丹田(へその下)に力を入れて。
・アゴを引き、上目づかいで。
・視線は、3m先の少々下の方向を
・「腰が入っていない」状態。
=骨盤と脊柱が曲がっている。
・体の軸(首・脊柱)がわん曲している
・上体に力が入っている

四股(シコ)の踏み方
【実演&解説】
【目的&効果】
【コツ&注意】
【回数&呼吸】

坂田直明( 立教大学相撲部コーチ / フレックスクッション開発者 / トレーニングジャーナル2012年2月号「四股」執筆)
足腰(体幹+下半身)の筋力UP / 股関節周辺の柔軟性UP / バランス感覚UP / 日々の健康&体調管理
「脚を上げる」という意識はゼロ。「軸足で片足スクワットをしている感覚」で。結果的に反対側の脚が自然に上がる。
初心者10回。中級者20~30回。呼吸は、脚が上がる際(=軸足を伸ばしていく際)に吸う。脚を下ろす際に吐く。
  1   2   3
 
  腰割りの姿勢から。足首は外に45~50度。「長方形」ができるようなイメージ。顎を引き上目使い。3m先を見る。上体の力を抜き、手を膝の上に。*初級者は足幅を狭くし「ひし形」でOKです!   軸足に体重を移し、反動を使わず軸足の膝を伸ばすことで、自然に反対の脚が上がる。ずっと息を吸いながら。*「足を上げる」という意識はゼロ。*四股は「片足スクワット」の感覚です。   軸足の徐々に膝を伸ばすことで、自然に反対側の足がゆっくり上がる。体の軸(首・脊柱のライン)は常に真っ直ぐ。ヘソを中心にした時計の針が周るように傾いていく感覚。股関節は開いたまま。

  4   5   6
  軸足の膝を99%伸ばす。股関節周辺(内転筋)が自然にストレッチされる。可能であれば、上で1秒静止。グラつかないようバランスを取って。体の軸は常に真っ直ぐ。上がっている足の膝は曲がっていてOK。太腿は外旋キープ。   息を吐きながら脚が下がる。軸足の膝をゆっくり曲げることで下ろすスピードと体をコントロール。つま先から着地、強く踏む。その際、シュッと息を吐き切る。着地の際、外側に5cm程、足の指先を滑らせながら。   最初の「腰割り」ポジションに。つま先と膝は同じ方向を向ける。
<1>に戻り、反対側の脚で。
左右交互に。
オススメ=毎日20~30回程度。初級者は「足幅狭く」「10回」でOK。


四股の前後のお薦めストレッチ
【コンセプト】 綺麗な四股を踏むために股関節周辺のストレッチをしましょう!フレックスクッションを使うと、より効果的です。
フレックスクッション®使用 1 2 3
骨盤を立て、
効果的にストレッチ
両足を合わせて膝を押す 両足を閉じて前屈
*前屈時に息を吐く
両足を開いて前屈
*前屈時に息を吐く
四股の前後のお薦めストレッチ

フレックスクッションの主な採用実績

フィットネスクラブ多数プロ野球12球団+選手200名以上・米国4球団・日本代表チーム+選手多数。プロサッカー15チーム・米国陸上代表選手・米国シンクロチーム・ラグビー(パナソニック・東芝・NEC・リコー・帝京大・慶應大・他多数)・陸上競技(旭化成・富士通・トヨタ紡織・大阪ガス・福島大・中央大・慶応大・創価大・他多数)東海大&国士舘大柔道部・高砂部屋・玉ノ井部屋・競輪選手・プロゴルファー・五輪選手(フィギュア&スピードスケート・スキー・ハンマー投げ・卓球・陸上競技・他)・整骨院、リハビリ&介護施設・ドームアスリートハウス・米国PerformBetter社・米国Medco社等

フレックスクッション



研修情報

▲ page top